中折れ男の精力剤口コミ

30代にして勃起不全・短小に悩むサラリーマン「ジュンジ」が性生活を再び謳歌するために精力剤やサプリメント、バイアグラを使用し復活を試みた体験レポート日記です。ED解消に関する様々な情報やおすすめサプリメントもご紹介しています。

*

独身・彼女募集中のときはどうすればいい?男性機能低下克服には風俗利用もアリ!

   

446

ほかのコラムでは、女性パートナーがいることを前提にお伝えしてきたことがたくさんありました。

しかし、コラムを書いていて思ったのですが、童貞の方や現在、特定の女性パートナーがいない人はどうしたら良いの? と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

おそらく、賛否で意見が分かれると思いますが、個人的には、「特定の女性パートナーがいなければ」その期間は風俗を利用するのもアリだと思います。

男性機能が低下している間は、男として自信を失くしがちです。

男として魅力がないからモテないとか、いざセックスに持ち込めたとしても勃たない可能性があるから好きな彼女に今は声を掛けられないなどと、根拠のないことや現実に起こってもいないことでくよくよ考えたり悩んだりしがちです。

 

そのようなことでくよくよ考えたり悩んだりするのは時間が本当にもったいないです。

とにかく、風俗に行っても怒る人がいない間は、誰に迷惑をかけるわけでもないので、男らしく潔く風俗を利用しておきましょう。

 

男性機能低下において風俗を利用するメリットとデメリット

あくまでも、この章は、男性機能が低下している方が風俗を利用するにあたってのメリットとデメリットになります。

まずは、デメリットの方からお伝えしていきます。

 

風俗利用のデメリット① 財布にやさしくない

1回風俗を利用すると、デリヘルなどでは1万円前後、ソープランドでは2万円前後かかってしまいます。

男性機能の低下を招いていると、サービス中に勃たなかったり射精できなかったりする可能性が高いので、同じ時間、同じサービスを受けていても「損した」感がすごく出てきます。

 

風俗利用のデメリット② 時間制限がある

これは仕方がないことですが、デリヘルもソープランドも60分程度と普段の性行為としては十分な時間設定がされています。

しかし、男性機能の低下に悩んでいるときは、時間を気にして焦ってしまい勃たなかったり射精できなかったりします。

ただ、男性機能が低下していない人でも、お酒を飲みすぎてしまって、こういう事態になることはあるようです。

 

風俗利用のメリット① 一期一会

逆に風俗を利用するメリットとしては、一瞬の恥で済むことです。

特定の女性パートナーとは関係が続く以上、男性機能低下のことも含めて付き合っていかなければなりませんが、基本的に風俗だと60分程度のお付き合いで済みますし、お互い名前も素性も知らない男女ですから、風俗にハマって次もその女性を指名することさえなければ、二度と会うことはありません。

 

風俗利用のメリット② カミングアウトしやすい

基本的に一期一会なのでEDになっていることもカミングアウトしやすいです。

逆にEDのことを最初に伝えておくと、女性のほうがうまく誘導してくれる場合もありますし、親身に相談に乗ってくれることもあります。

ただ、若い女の子よりも自分の年齢に近い女性か少しだけ年上の女性を指名すると良いでしょう。

 

風俗利用のメリット③ 好みに近い女性に相手してもらえる

誰でも好きな女性芸能人がいたり、お気に入りのAV女優がいたりするものですよね。

風俗利用のメリットは、好みに近い女性を探して指名をすれば、相手をしてもらえます。好みの女性なら、男性機能が回復することも十分期待できます。

 

男性機能低下中の風俗利用ならED治療薬や精力剤などもぜひ試してみて

ED治療薬や精力剤を風俗利用前に合わせて服用すれば、勃たなかったとか、射精できなかったという事態は「ほとんど」避けることができます。

そのためには、時間管理は必須ですが、具体的には事前にしっかりとリサーチをして好みのタイプの女性が多い風俗店を選び来店や利用日時を設定して計画的に進めましょう。

少なくとも男性機能低下中の風俗利用については、行き当たりばったり、場当たり的な利用は失敗のもとになりますので避けるようにしてください。

あと、心因性ED の場合、ED治療薬を処方してくれた医師に確認したり精力剤の説明書などを読んだりすることが必要ですが、お酒を適量、一緒に飲むことで、緊張が和らぎリラックスできることもあるので、少し晩酌をして風俗利用するのもアリです。

 - 風俗と男性機能