中折れ男の精力剤口コミ

30代にして勃起不全・短小に悩むサラリーマン「ジュンジ」が性生活を再び謳歌するために精力剤やサプリメント、バイアグラを使用し復活を試みた体験レポート日記です。ED解消に関する様々な情報やおすすめサプリメントもご紹介しています。

*

包茎の種類

   

コンプレックス商法によって、日本人男性の何割が包茎に悩んでいて、あなたの包茎も恥ずかしいものだから悩むべき、と誘導されている方は少なくありません。

しかし通常時のペニスは包皮に包まれ、保護されているのが自然な姿です。

六割だったり80%だったりと、発信源によって日本人男性の包茎率が変わってくることからも、特に科学的な根拠がない数字なのが分かります。

 

前項でも述べたとおり、欧米人のペニスが常に剥けた状態なのは子どものときに切除されるためで、切除手術が当たり前に行われないイギリスなどでは仮性包茎の方が大多数です。

中近東地域がメインに信仰しているイスラム教と、その前身であるユダヤ教では、生まれて何日目の子どものペニス包皮を麻酔なしで切除する割礼という儀式によって、通常時でも亀頭が露出している方が多いですが、その分ペニスに傷跡や皮の突っ張りが起こりやすくなっています。専用とはいえ、はさみで切られる上に抗生物質が流通していない地域では死亡例も見受けられます。

 

日本での仮性・真性・カントン包茎の手術は麻酔をかけ、現在多くが直接刃物などを当てないレーザーメスによるものになってはいますが、麻酔が切れればもちろん痛みます。

傷口が治るまで短くて二週間、長くてひと月以上、勃起自体を抑えなければ傷が裂けて大出血という危険もあります。

 

生物学上、仮性包茎が当たり前の姿なのは犬や猫などの動物のペニスが包皮に包まれ、守られていることからも分かります。

多くの動物は発情期に臨戦態勢を取ったときだけ勃起し、包皮から露出して交尾を可能にします。

人間には発情期がありませんが、年がら年中セックスばかりしているわけでもありません。

 

例えば亀頭は粘膜に近く、日焼け・紫外線のダメージが皮膚より大きな部位です。夏場の海で水着になるときは被っていた方が、皮膚ガンなどのリスクが減ります。

つまり生まれつき全く被っていない方のほうが奇形だとも言えます。

 

女性でペニスに相当する部位はクリトリスですが、こちらも多くの場合、保護する包皮に包まれています。

ペニスの感覚や性器の見た目へのこだわり自体が理解しにくい女性にとっては、常に露出しているといつでも発情期で臨戦態勢だと感じたり、ただグロテスクに見えるもの。

「そんなにペニスのことばかり悩んでいるなら、どうせ私は体目当ての女なんでしょう」と思われないよう、包皮内を清潔に保つ努力と、セックスのときの労わりを重視しましょう。

 - 包茎