中折れ男の精力剤口コミ

30代にして勃起不全・短小に悩むサラリーマン「ジュンジ」が性生活を再び謳歌するために精力剤やサプリメント、バイアグラを使用し復活を試みた体験レポート日記です。ED解消に関する様々な情報やおすすめサプリメントもご紹介しています。

*

男性機能低下(ED)を改善したい!ED治療は命にかかわるって本当?

   

男性機能の低下は、朝立ちが毎日ではなく、2日に1回、3日に1回と頻度が徐々に減っていくケースが目立ちます。

自然勃起はするけど、最初は硬かったものが徐々に柔らかくなっていったりと、いきなり症状が現れるものではありません。

そのため、仕事に追われる生活をしていたり、何かと忙しい日々を送っていたり、自分の健康状態を顧みることなく過ごしている方は、途中で変化に気づくことなく、知らない間に勃たない状態になっていた。

今、考えると、ずっと朝立ちをしていなかったかもしれないと重篤な症状になってはじめて自覚することも多いようです。

 

男性機能の低下について、自覚をしたのであれば、ほかのコラムでも、お伝えしていますが、セルフチェックをして今までの生活を振り返り心当たりを探りつつも、しばらくは様子を見ることにしましょう。

 

意識して生活を改善し、ストレスを解消するなど男性機能低下(ED)の原因を取り除いてやることができれば、症状は改善されることがあります。

症状が改善されなければ、次の行動に移ることになります。次の行動というのは、EDの治療のために病院や医療機関の門を叩くということです。

 

病院や医療機関の多くは予約制、思い立ったが吉日です!

男性機能の低下を改善するためには、まず、病院や医療機関を受診して担当医師のカウンセリングを受けることになります。

病院や医療機関については、来院者も決して少なくはなく、予約制となっているところが多いため、病院や医療機関を受診しようと決意したときに、予約を入れてしまうことをおすすめします。

 

病院や医療機関での受診当日、医師のカウンセリングの前に、問診票に既往歴や服薬の有無などについて答えることになります。

問診票の結果次第で、担当医師から治療方針を告げられることになります。

 

男性機能低下(ED)の治療は、大きく2つに分けられます

男性機能の低下(ED)の治療は大きく分けると、ED治療薬を服薬して、男性機能の低下の改善を促していく方法と、ED治療薬によらない治療方法で男性機能の低下の改善を促していくものの2つとなります。

 

ED治療薬が処方できない方は後者になるのですが、処方できないのは男性機能低下の改善よりも優先すべき理由がある。

つまり命にかかわることだからです。

どのような方に対してED治療薬が処方できないのかをこれよりお伝えします。

 

ED治療薬の処方が難しい方

以下のような方はED治療薬の処方が難しいです。

1.ED治療薬の成分について過敏な症状を起こしたことがある方

2.狭心症や心筋梗塞のため硝酸剤や一酸化窒素供与剤(ニトログリセリンなど)を服用している方

3.心臓や血管に障害があり、性交をすることが命にかかわるおそれがある方

4.不安定狭心症の方、性交中に狭心症を起こしたことのある方

5.重度の肝障害をお持ちの方

6.低血圧または高血圧の方

7.半年以内に、脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を患った方

8.網膜色素変性症にかかっている方

9.不整脈がある方など

 

 

ED治療薬を飲むのは、方法を誤ると命にかかわることもある…

前章でお伝えした項目に該当する方は、ED治療薬を処方してもらえないようです。

処方が難しい方の一覧を見ても、命にかかわる理由でED治療薬の処方ができないものだと容易に察せますので、ED治療薬欲しさに、問診票に事実と違うことを書く、虚偽の申告などをして不正な手段でED治療薬を入手するのは、くれぐれもされないようにしてほしいと思います。

 

また、ED治療薬を個人輸入するなど、病院や医療機関以外で入手することも、偽物や模造品をつかまされたり、服用して命を落としたりする可能性もありますので、危険なことだといわれています。ED治療はまさしく命にかかわることなのです。

 

ED治療薬の詳細やED治療薬によらない治療方法については、ほかのコラムで詳しくお伝えする予定です。

このコラムは、男性機能低下(ED)に危機感を持っているアラフォーの筆者が、もし、そのような症状が出た場合は、どのように動けば良いのだろうかとネットなどで調べた情報をまとめたものです。

 - ED概論