中折れ男の精力剤口コミ

30代にして勃起不全・短小に悩むサラリーマン「ジュンジ」が性生活を再び謳歌するために精力剤やサプリメント、バイアグラを使用し復活を試みた体験レポート日記です。ED解消に関する様々な情報やおすすめサプリメントもご紹介しています。

*

精力剤の歴史(海外・日本)

   

物心がついた頃から誰もがある事が当たり前と思い使用したり、目にする事がある「精力剤」。

この精力剤ですが実は非常に歴史が深く、古代より多くの人に親しまれ愛用されているものなのです。

 

精力剤の歴史

現時点で確認されている、精力剤の最古の例として、古代エジプト時代に使用されていた精力剤があると挙げられています。

古代エジプト時代の精力剤には主ににんにくが用いられており、王族などの階級の高い人物が愛用するものとされていました。

また古代エジプト時代は、現代の精力剤と使用目的が違い、子孫繁栄を目的とした意味で使用されていたそうです。

そのため快楽目的での使用はされなかったそうです。またピラミッドの壁画には精力剤を表すにんにくが描かれているものもあるとされています。

この事からもわかる通り、実に3000年以上前から精力に対してにんにくは効果が良いものとされているのです。

 

日本の精力剤の歴史

また日本での精力剤の歴史も非常に古く、朝鮮人参やにんにく、すっぽんなどの日本古来の独自の精力効果のある食材は我々の先祖代々が経験を則として、広く浸透させたものであるため科学的な分析をしていたものではありません。

しかしこれらの食材の精力に対する効果は現代までも認知されているものとなります。

そのため我々の先祖たちの判断は非常に正しかったものなります。

またトナカイの角なども過去の日本人たちは精力剤として使用していたという話も存在しています。

マムシなどの精力に良いとされている食材も遥か昔から知られているとされています。

このように日本やエジプトなどの世界の広い箇所で遥か昔から精力を向上させる事が目的として精力剤は使用されていました。

古代はセックスの重要度がかなり高かった

また遥か昔は、セックスは現代よりも重要な役割があるものとされていました。

子供を作り、子孫を繁栄させ家系を安定させる事が遥か昔の人々には共通した考えとされていました。

そのような事を考えると現代の精力剤の受容性は快楽や勃起不全などの病改善、見栄などの面ばかりが強調されているようにも考えられます。

しかしこのように性に対しての意識が変わった事は、歴史的にも人間の余裕が生まれ良い時代に変化した事がわかります。

性生活を楽しむためにも、そしてこの時代の余裕を味わうためにも精力剤は使用しましょう。

 - 精力剤