中折れ男の精力剤口コミ

30代にして勃起不全・短小に悩むサラリーマン「ジュンジ」が性生活を再び謳歌するために精力剤やサプリメント、バイアグラを使用し復活を試みた体験レポート日記です。ED解消に関する様々な情報やおすすめサプリメントもご紹介しています。

*

短小総括

   

現代では人間に限らず「オス」という性が「メス」に近づき、短小や生殖器の発育不全が問題になっています。
メス化の原因として考えられているものに環境ホルモン(食品添加物や大気汚染など)がありますし、オスという染色体は傷つき壊れやすいものです。
しかし深刻な影響を受けているのはごく一部で、機能的に問題がある場合も最新の医学ならば治療が可能なケースも多く、短小はただコンプレックスの問題となっています。

安易に増大する前に、ペニスが大きくなれば何ができるのかを考えてみましょう。
ありのままの自分を恥じなくなるのは、今の状態でも充分可能なことです。
スヌーピーの有名な格言に「配られたカードで勝負するしかないのさ」というものがあります。
ペニスの増大が理想なら、今の状態でできることを全て試してからでも遅くはありません。
例えばお仕事や勉強をがんばって自信を身に付ける、男性らしく体を鍛えてみるといった自己鍛錬は将来的な財産になります。

また、いまのままの自分を愛してくれているパートナーがいるならば、パートナーが愛してくれている自分を大切にしましょう。
短小だからなどと、正に瑣末なことで壊れてしまう関係ならばもともと上手くいかなかったもの。ただやはり「足が小さいから別れる」「指が短いから別れる」といったシチュエーションは少なく、自分の短小を嘆いて別れてしまうカップルはしばしば見受けられます。
ペニスが小さいのを気にしている部分は、テクニックや真心でカバーできる大きな人物を目指しましょう。

物理的にペニスを大きくするか、今のペニスのままで満足感が得られる人生を自ら作っていくかはそれぞれのライフスタイルや納得できる考え方によるものですから、どちらを選択するのも自由です。
ただ一つだけ、今の自分を大切にできるよう、認めてあげられるように努力してみるのは何より尊く、大切なことです。
短小を改善して得られる自信は、ペニスに関した優越感だけ。今の自分と関わってくれている方のどれだけが、短小を問題視しているのかも考えてみてください。

結局気休めじゃないか、と思われることでしょう。しかし気休めも悪いことではありません。
ありのままの自分をありのまま受け入れ、気と心を休めなければ疲れてしまいます。
食生活やセックステクニックを見直し、できることから取り組んで、どうしても短小が問題になったら、そのとき初めて短小を改善するのをおすすめします。

 - 短小