中折れ男の精力剤口コミ

30代にして勃起不全・短小に悩むサラリーマン「ジュンジ」が性生活を再び謳歌するために精力剤やサプリメント、バイアグラを使用し復活を試みた体験レポート日記です。ED解消に関する様々な情報やおすすめサプリメントもご紹介しています。

*

短小の対処方法 医療機関(泌尿器科)への相談

      2016/01/04

短小の種類でも述べたとおり、治療が必要な短小・マイクロペニスの場合は医療機関に受診してください。
信頼できる泌尿器科に通うのが一番の対処方法になります。
広告を多く出している有名なメンズクリニックでも治療自体は不可能ではありませんが、健康保険が適用されず高額になったり、形だけ短小でなくなったとしても発育不全のままで性交が不可能だったりという可能性があります。
できればかかりつけの医師に相談して、医師同士の信頼関係がある泌尿器科を教えてもらうのが一番手っ取り早い調べ方です。

治療が必要ない短小のお悩みは、結局心の問題。
美容整形で形をカスタマイズするのも対処方法とは言えますが、整形したところで別の悩みが出てくるものです。
まずは自分のコンプレックスと向き合い、本当に整形すれば悩みがなくなるのかを考えてから決めましょう。

男性がコンプレックスを覚える原因の一つとして、お手本になるアダルトビデオのようなセックスができないというものも。
アダルトコンテンツは所詮作り物で、男優・女優ともに普段からあんなセックスをしているわけがありません。ああいった「見られるための」セックスを長期間続けていたらいずれセックス自体に飽きてしまいます。

男性にとってのセックスはカップルの交際の目的にもなりがちで、かなり重要なもの。男性は射精と共に満足感が得られるため、フィニッシュさえ迎えられれば割と雑なセックスでも不満は感じません。
しかし女性にとって性欲は生活の中心部にはなく、食事で例えるならばデザートのようなもの。丁寧にムードを作り、お互いの肌でしか得られない感覚を大切にしてみましょう。

多少短小気味だと悩んでいるなら、深く挿入できるよう事前にストレッチを試してみるのも有効な対処方法です。
女性の股関節が硬いとなかなか奥まで挿入することができず、お互いに物足りないセックスになってしまうこともあります。前戯と並行して曲げた膝を左右に広げたり、腰の下にクッションなどをあてがうと脚と骨盤が開きやすくなり、より一体感を得られます。

小さいのが問題ではなく、セックスをお互いに楽しめない問題が短小コンプレックスを打破する鍵になります。
女性は男性と違って性器だけが主要な性感帯ではありませんから、パートナーごとに存在する独自の性感帯を研究・開発してみるのも良いでしょう。
挿入して射精するだけの覚えたてのようなセックスを卒業し、テクニックを磨いて短小でも「大好きな彼」を目指して下さい。

 - 短小