中折れ男の精力剤口コミ

30代にして勃起不全・短小に悩むサラリーマン「ジュンジ」が性生活を再び謳歌するために精力剤やサプリメント、バイアグラを使用し復活を試みた体験レポート日記です。ED解消に関する様々な情報やおすすめサプリメントもご紹介しています。

*

短小の種類

   

男性の性器のお悩みでまず耳にするのが、「短小」「包茎」「ED」です。
このうち、短小と包茎に関しては誰にも迷惑がかからない、完全に個人的な悩みです。
短くて小さいからと悩んでいるせいで温泉や銭湯に行けないというのも、無意識にも他の方のペニスと自分の相棒を比べてしまうせいです。

まずは医学的に治療が必要な短小・マイクロペニスの場合ですが、現代ではほぼ生まれたときに親や医療機関が気付きます。母親の胎内で性ホルモンが正常に分泌されていなかったケースでは、ホルモン剤の投与で正常なサイズに近づける治療が行われています。
成長期を過ぎて二次性徴が完了する頃までマイクロペニスのままでは学校などでからかわれたり、本人の心の傷になってしまうこともあり、細心の注意を払って治療が進められます。

成長と共に大きくなるはずのペニスが上手く発育しなかったケースでも性ホルモン投与か、ホルモン剤による副作用が深刻になる場合は増大手術が選択されます。
ペニスの発育が正常に進まないということは、多くの患者で精巣など他の生殖器官も発育が遅れ、射精しなかったり、射精はしても無精子症という症状が現れます。
医師の診断基準にもなりますから、マイクロペニスで受診するときは精子の検査を受けることもあると覚えておきましょう。

医学的に治療が必要ない、機能的に全く問題ない短小でお悩みなら、セックスのテクニックを身に付け、女性を労わる優しい性交を目指すのが正解です。
約4センチの方でも精子が正常ならば子どもを作ることはできます。
どうせ短小だからと自信を失くしてしまうのは、可能性を自ら捨ててしまっているのと同じです。

機能的に問題がない短小の改善は完全に美容外科の範疇で、二重まぶたや鼻の形を整形するのと同じく、健康保険が使えません。
メンズクリニックではよく「短小治療」と称してコラーゲンやヒアルロン酸、また永久増大として韓国でポピュラーなアクリル樹脂の注入を1mlあたり数万円で行っています。アレルギー体質の方は注入素材でアナフィラキシーショック(激しい拒絶反応)が起こる場合もあるので、広告だけで決めるのではなく信頼できる医院を探してください。

美容整形をした方の常として、ありのままの自己を否定する心が生まれます。お金を払えばどの部位でもどんな形にでもカスタマイズできてしまうので美容整形マニアに足を踏み入れてしまうケースもあり、いま深く悩んでいる方ほど整形での短小改善は気をつけましょう。

 - 短小