中折れ男の精力剤口コミ

30代にして勃起不全・短小に悩むサラリーマン「ジュンジ」が性生活を再び謳歌するために精力剤やサプリメント、バイアグラを使用し復活を試みた体験レポート日記です。ED解消に関する様々な情報やおすすめサプリメントもご紹介しています。

*

お酒とセックスの関係、EDにおける考え方を素人ながら力説してみます

   

edsex

大人の男女であれば、お酒というのは、酔えば本音で話せてお互いの仲を深めてくれるものになったり、酔った勢いというやつで男女関係の一線を越えるのを助けてくれたりします。

お酒は良い方向に働けば恋愛発展の起爆剤になってくれます。

 

お酒は、人によって全然違う作用をするのが、おもしろいところです。

酔うと笑い上戸になる人や、すぐ眠ってしまう人、気分が悪くなってグロッキー状態になる人、周囲にいる人に絡んでしまう人など個人差が大きく現れます。

お酒とセックスの関係についても、これは例外ではないようです。

お酒を飲みすぎても記憶がありセックスも普通にできる人もいれば、お酒を飲みすぎて記憶がなくセックスをしたことも覚えていない人、お酒を飲むと勃たなくなる人もいるようです。

お酒を飲むと勃たなくなる人や勃つけど硬くない人は意外と多いようです。

それゆえ、セックスの前にはお酒を飲まないほうが良いという人も少なくはないようです。

 

今回、このコラムでは、ED治療や男性機能低下克服の観点から、お酒はどう作用するものなのか? ということを力説してみたいと思います。

 

お酒を飲むことは緊張緩和やリラックスにつながることも

特に心因性EDだと自覚しており、わかっている方などで、症状が比較的軽い(マスターベーションのときなどは勃つけどセックスでは前戯までは勃つ)方であれば、ED治療薬を服用せず、適量のお酒でEDを克服できる場合がまれにあります。

文字とおり「お酒の力を借りる」わけですが、緊張が和らぎリラックス効果が期待できますので、適量のお酒であれば、セックスにおいて良い方向に作用してくれます。

 

ただ、ここで、疑問としてあがってくるのが、お酒とED治療薬などは一緒に飲めるのかどうかですよね。

お酒とED治療薬や精力剤は相性が良いのか悪いのか、併用可能なのか併用禁忌なのか知りたいところだと思います。

 

ED治療薬とお酒の関係

ここで、お断りしておきたいのが、このコラムでお伝えすることはあくまでも一般論であり、バイアグラ・レビトラ・シアリスをはじめジェネリック医薬品も含むED治療薬を処方してくれた医師にしっかりとお酒との併用は問題がないかどうかの確認をとっていただきたいと思っています。

 

ED治療薬とお酒の関係は、悪くはありません。いろいろな情報を勘案してみると、気分の高揚やリラックスに効果があるうちとありますので、飲みすぎるのは避け、あくまでも自分に合った適量に徹してほしいと思います。

ただ、ED治療薬は食事に影響しますので、酒の肴に脂っこいものやボリュームのあるものを注文するのは控えるようにしましょう。

 

忘れてはいけないのが、多少なりともED治療薬には副作用を引き起こす可能性がありますので、お酒で酔っているからそういった症状が出ていると決めつけずに、異常を感じたら、すぐに病院や医療機関を受診するようにしてください。

 

お酒と精力剤の関係

精力剤は、国産のものや外国産で輸入販売されているものまで多種多様にあります。

インターネットなどで調べてみると、お酒と併用しても大丈夫な精力剤もあるようです。ただ、成分などの表示がなかったり、外国語表記のみで曖昧でよくわからない精力剤だったりすれば少なからずリスクを背負うことになりますので併用すべきではないといわれています。

精力剤を正規の販売ルートを使って購入していれば、説明書き(添付文書)があるはずなので、使用上の注意をよく読まれてください。

また、薬局などで購入する場合は、店員スタッフや専任の薬剤師にお酒との併用について必ず確認をとるようにしてください。

 

お酒が入ると射精までに多少時間がかかるような気がします

これまでの個人的な経験でいえば、お酒を飲んでのセックスでは、射精するまでに少しだけ時間がかかるような気がします。

おそらく酔っているので、リラックスできている反面、感度が鈍くなっているのかもしれません。

普段、しらふのときのセックスでED治療薬や精力剤をもってしても早漏気味だと感じている方は、適量のお酒を飲んで試してみるのもアリではないかと思います。

 - ED概論